七五三お宮参りコーデ

七五三は日本に古くから伝わる、子供の健康を願う伝統行事です。子供は着物を着ることが多く、両親も正装で神社に参拝をします。そんな時にぴったりの着物のコーディネートを紹介します。

七五三にふさわしい着物コーデとは

七五三は日本独自の伝統行事ですが、どのような行事なのでしょうか。

七五三とは
3歳の男女児、5歳の男児、7歳の女児が11月15日に神社に参拝し、子供の健康と健やかな成長を願う日本の伝統行事です。もともとは武家で行われていた風習でしたが、明治以降武家以外の家庭にも広まったと言われています。

子供はお宮参りの時の祝い着の着物を着用することがほとんどですが、一緒に参拝する両親はどのような服装をすればいいのか悩んでしまいます。

最近では、動きやすく洋装での参拝も多くなったようですが、やはりきちんとした正装の着物での参拝は気が引き締まります。どのような着物を選んでコーディネートすればいいのでしょうか。

七五三参拝着物選びのポイント

  • 訪問着・付け下げ・色無地のいづれかが一般的
  • 付け下げも色無地も紋入りでないとカジュアルすぎるので必ず紋入りを選ぶ
  • 小紋はカジュアルすぎるので×


これらのルールを守ったうえで、おすすめのコーディネートを考えてみましょう。

おすすめコーデ

七五三お宮参りコーデのポイントは、自分だけでなく、子供も着物を着ているということです。そのため、子供の着物との相性も重要となってきます。

子供は鮮やかな色味で華やか、そしてかわいらしい柄の着物を着ていることがほとんどです。

お宮参りの主役はあくまで子供なので、親は子供と張り合うような華やかな着物は避け、シック上品な色味のものを選ぶと失敗しません。

色味はあまり主張しすぎず、同一色でまとめましょう。優しい色味のクリーム色うすいピンクなど、長襦袢もそれらの色味で統一します。着物の柄は、季節に合ったもの、または縁起のいい柄を選ぶといいでしょう。

帯は必ず袋帯で。二重太鼓が基本です。ポイントとして色を使いたいなら、帯締めを華やかにすると派手すぎず、ちょっとしたおしゃれができますよ。小物はひとつ格上のものを持つと上品さが増します。