茶道やお花などのお稽古事コーデ

日本の伝統文化である茶道やお花を習い事としている人は多くいます。お稽古には洋服でも構いませんが、やはり着物を着て臨みたいですよね。そんな場合、どのような着物を選ぶとベストなのでしょうか。

お稽古にも着物を着こなして

たしなみとして、日本の伝統文化である茶道やお花を習っているという人もいることでしょう。

そんなお稽古事には着物はぴったりですが、場違いな着物を選ぶとせっかくの習い事も残念な結果になってしまいます。どのような着物を選ぶといいのでしょうか。

お茶会などの少し格式高いフォーマルな場では、色留袖や訪問着などが似合いますが、中間内での茶会、もしくは日々のお稽古にそれらの着物は場違いです。お稽古時にはこのような着物を選びぶといいですね。

茶道やお花などのお稽古事の着物選びのポイント

  • 訪問着や留袖は格式が高すぎでNG
  • 付け下げや小紋がベスト。できれば文無しがいい
  • 紬でもいいが正絹と比べ動きにくい面がある


このようなルールを守ったうえで、おすすめのコーディネートを考えてみましょう。

おすすめコーデ

茶道やお花などのイベント事や会にもランクや格式があり、着ていく着物もその場に合わせたものを選ぶ必要がありますが、あくまで日々のお稽古事であれば、外出着や街着で十分です。むしろ格式が高すぎる着物は場違いになります。

お稽古事用のコーディネートを考える際、ひとつ重要となるのが、指導をしてくれる先生の存在です。一定のルールはありますが、先生によって着物選びのポイントが変わります。

は雨の日でもさらりと着ることができ、汚れにも強いので、お稽古事におすすめの着物ではありますが、先生によって紬はダメだと言われる場合もあります。

動いた場合のスレ音が大きく、動きにくい場合があるからです。まずは、指導してくれる先生の意向をしっかりと汲んでからコーディネートを開始しましょう。

まず色ですが、黒は避けた方がいいですね。淡い上品な色、また小柄な模様であればどのような帯にも合わせやすく重宝します。

帯は袋帯では格式が高すぎて似合いません。名古屋帯が無難でしょう。また袋帯や名古屋帯のような8寸程度の太幅の帯ではなく、4寸程度の細帯半幅帯でもOKです。夏は涼し気にブルー系など、季節で選ぶといいですね。

小物ですが、バッグは少し大きめのお稽古バッグをおすすめします。カゴバッグや布製の巾着風、トートバッグ風などだと、替えの足袋や扇子、ふくさなどお稽古に必要なものをたっぷりと収納できます。