浴衣に似合うアクセサリー

浴衣は夏の定番着物であり、着物にアクセサリーは似合わないと避けている人も多いのではないでしょうか。

浴衣に似合うアクセサリーを選べば、浴衣コーデを底上げすることができます。浴衣に似合うアクセサリーとはどのようなものなのでしょうか。

髪飾り

着物コーデにアクセサリーはOKなのか

着物を着る際、アクセサリーを付けることはNGなのではないかと思っていませんか?確かに着物に似合わないアクセサリーは避けた方がいいですが、マナーを守っていれば、OKという場合も多いのです。

着物コーデのマナー

  • 振袖、訪問着、留袖などの礼装や準礼装の場合はアクセサリーはNG
  • 礼装、準礼装であっても結婚指輪はOK
  • お出かけ着やおしゃれ着の場合は、華奢なピアスや指輪はOK
  • 着物の格とアクセサリーの格を合わせる


細かく言えばまだまだありますが、大まかにこれくらいのマナーを覚えておけば、まず失礼にあたることはないでしょう。

浴衣に似合うアクセサリー

浴衣はとてもカジュアルな着物ですので、アクセサリーを付けても大丈夫。あまりゴテゴテ付けると、日本女性の奥ゆかしさが表現できません。

あくまでさりげなさがポイント。付けるとすれば、髪飾りピアスくらいが丁度いいでしょう。

似合う素材

  • 和素材
  • ガラス細工
  • べっこう
  • 天然石
  • シェル素材

和素材は文句なしに浴衣に似合うアクセサリーですが、そのほかにもこのような素材がおすすめです。

べっこうだと大人っぽく、シェル素材だと夏っぽく、ガラス細工だとかわいらしさが増しますよ。