しっかりと寒さ対策。冬の防寒着

夏になると浴衣や麻素材などの夏着物に着替えるように、寒くなる冬には防寒着を着用することが多くなります。寒さ対策はしっかりとしながらもおしゃれに気を遣いたい、そんな場合の防寒着コーデと見ていきましょう。
寒がっている着物女性

種類豊富な防寒着

私たちが普段着用している洋服は、ごく当たり前のように衣替えを行います。洋服と同じように、着物も季節に合わせ、素材やコーディネート、アイテムを変更することは当然のことです。

着物にはさまざまな種類がありますが、季節によって違いが現れるのは、6月から9月頭の夏の時期とそれ以外の時期です。夏は単衣になったり、夏帯になったり、使用するアイテムに透け感やレースなどの涼しげなものが使われることが多くなってきます。

ですが10月から5月の間にそれほどの違いはなく、少し肌寒い程度であれば、以前紹介した羽織コーデで十分なのですが、真冬などの非常に寒い時期は、しっかりと防寒対策をしなければいけません。 羽織コーデはこちら⇒「少し肌寒い季節にぴったりの羽織コーデ

また、活用する防寒着も着物の格や着用シーンによっても変化が必要ですので、失礼のないようルール確認はきちんと行いましょう。

防寒着の種類

  • 羽織・・・カジュアル着物用。室内では脱がなくてもOK
  • 道行コート・・・フォーマル着物でもOK。室内では脱ぐのがルール。襟が四角
  • 道中着・・・道行に似ているが襟が三角のデザインが特徴。
  • ショール・・・簡単に羽織れるのが利点。カジュアル着物向き
  • ポンチョ・・・ふんわりと羽織れる。袖なしが便利。
  • 和装用コート・・・着物をすっぽりと覆ってくれる丈のものが多く生地も厚くしっかりと防寒してくれる


この中では、和装用コートが一番防寒対策に向いていると思われます。あまり寒さが厳しくない日は、それ以外のコートでおしゃれを楽しめます。

基本的に、フォーマルな礼装時は防寒着は脱ぎ帯をしっかりと見せることがマナーとなっていますので、室内に入る前に脱ぐと間違いがありません。

防寒アイテムをプラスするとさらに暖かく

着物は首、特にうなじ部分や袖口が大きく空いており、歩くたびに裾がひらひらとめくれます。寒気が入ってくる場所が多いため、防寒着を羽織るだけでは寒さ対策が十分とはいえず、冬の着物を避ける人もいるかもしれません。

そんな場合は、羽織もの以外の防寒アイテムをプラスすることで暖かく過ごすことができます。

  • 足袋インナー
  • ロング手袋
  • 和装用ストッキング
  • イヤーマフ
  • 保温足袋
  • 機能性あったかインナー
  • レギンス

このようなあったかアイテムを活用することで寒さを和らげることができます。和装用ストッキングは目立たない肌色で、足袋にも対応できる作りになっているため、フォーマルな着物でも大丈夫です。

カジュアルでレトロな着こなしをしたい場合は、着物の下からレギンスをチラ見せしたり、カラフルなあったか足袋でおしゃれするのもおすすめです。