晴れやか入学式コーデ

入学式という晴れやかな場所ですが、同行者である親御さんの着物はマナーに沿ったものである必要があります。あくまで主役は子供であることを忘れず、入学式にぴったりの着物コーディネートとはどのようなものなのでしょうか。

入学式

入学式にぴったりの着物とは

桜の舞う春、また新たな門出に立つわが子を見るのはとても感慨深いものがありますね。この季節は入学式があちこちで行われますが、入学式にはどのようないで立ちで参加するでしょうか。

最近ではほとんどの親御さんが洋服で参加されていますが、着物で参加している方も見かけることがあります。着物はあのような晴れやかなシーンにもぴったりですし、ぜひ着てもらいたいですね。

そんな時に気になるのが、いったいどのような着物を選べばいいのかということです。晴れやかな場所だからとめいっぱいのおしゃれをしてもいいのでしょうか。

実はちょっとしたマナーやルールがあるのです。

入学式の着物選びのルール

  • フォーマルシーンにふさわしい格の着物を選ぶ
  • 子供よりも目立たない控えめな雰囲気
  • 季節感を大切にする
  • 濃い色は避ける


このようなルールを守ってどのようなコーディネートが似合うのか考えてみましょう。

おすすめコーデ

入学式の着物コーデは、まずは着物選びから。フォーマルシーンですから、それに似合う格の着物といえば、やはり訪問着色無地付け下げまででしょう。それ以外はかなりカジュアルになってしまうので、避けるようにします。

そして色ですが、濃い色は目立ちすぎることとかなりの迫力が出てしまうので、こちらも避けるようにします。淡い色味を選ぶことが基本です。洋服でもトレンドであるペールトーンは、この季節にぴったりの色味ですね。

さらにおめでたい柄を選ぶことも重要です。古典柄であればなお良し。帯は袋帯か名古屋帯ですが、名古屋帯は少しカジュアルな印象になります。

そのため、金糸銀糸の入った帯を選ぶようにしてください。アクセサリーも結婚指輪のみ、まとめた髪に控えめな髪飾りをひとつくらいの控えめさが重要です。