oclock

明日葉青汁のおいしい飲み方

明日葉青汁はどのタイミングで飲むのが効果的?毎日続けていると飽きてしまう、もっとおいしくする方法はない?青汁を飲むのに注意が必要な人っているの?

多くみられるこのような明日葉青汁の疑問や悩みをスッキリ解消して、安心して青汁生活を楽しみましょう!

青汁はいつ飲むのが効果的?

 

基本的にいつ飲めば良いという決まりはありません。大切なのはいつ飲むかという事よりも毎日きちんと続けることです。目的別により効果を実感したい場合は以下の時間帯を参考にしてみてください。

野菜不足解消・栄養補給には朝起きてすぐ飲む

 

私たちの体は夜寝ている間にエネルギーを消費しています。そのため朝は栄養をとても吸収しやすい状態になっています。このタイミングで青汁を飲めば、より効率的に栄養を吸収することができます。

朝飲むなら60度くらいのホットがおすすめです。朝、だるい・眠いと言った症状のある方は、特に温かい飲み物を飲むことで身体全体の血行が良くなり、脳や体が目覚め活発に行動することが出来ます。

ダイエット中に飲むなら食前がおすすめ

 

ダイエットをしている方は食前に飲むのがおすすめです。明日葉青汁に含まれる豊富な食物繊維が満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防止します。また血糖値の上昇を抑えてくれるため、ダイエット中の方はもちろん、血糖値が気になる方にも効果的です。

青汁を置き換えダイエットにしている方もいると思いますが、置き換えダイエットはあまりおすすめできません。

青汁は生野菜を絞った汁であり、置き換えダイエット用の食品ではないからです。青汁は食事だけでは摂取しきれない栄養素を補う健康食品です。

便秘を解消したい方は朝に飲むのがおすすめ

 

便秘を解消するのには朝飲むか夜飲むか迷うところですが、どちらでも効果はさほど変わりません。朝一番に青汁を飲むことで、野菜不足解消や栄養補給も出来るため、特にこだわりのない方は朝一番に飲むことをおすすめします。

就寝前に青汁を飲むと豊富な食物繊維が寝ている間も腸内の運動を活発にしてしまいます。腸の動きが気になって眠れなくなってしまったり、中には気分を悪くなしてしまう方もいる為、夜に青汁を飲む方は就寝前の時間帯は極力避けましょう。

青汁と簡単にアレンジでもっとおいしく!

 

青汁を毎日長く続けるには「飽きない」ようにすることも大切です。そのためには、簡単に出来るアレンジ方法で味や気分を変えると、青汁生活をより楽しむことが出来ます。

牛乳・豆乳でマイルドに

 

こちらは王道の飲み方ですが、牛乳豆乳はなにかと相性が良い飲みものであり、栄養価も高いためおすすめです。

抹茶オレのようなマイルドな味わいになりますのでホットでもアイスでもおいしく飲むことが出来ます。またお子様にも飲みやすい味わいなのも特徴です。更にきな粉や黒蜜を加えると栄養価の高い和風抹茶オレの完成です!

ヨーグルトと混ぜてデザート感覚でたのしむ

 

青汁はヨーグルトとの相性も良くデザート感覚で楽しむことが出来ます。乳酸菌やオリゴ糖が入ったヨーグルトを選ぶことで便秘解消により効果的です。なるべく糖質がすくないものがおすすめです。

プレーンヨーグルトだと青汁の味がそのまま残ってしまうので、苦手な方はブルーベリーやアロエなどが入ったヨーグルトを試して見てください。

ポタージュスープに入れるとほうれん草スープに!?

 

寒い季節はスープがおいしいですよね!コーンポタージュパンプキンポタージュスープにも青汁は相性が良いのです。同じ野菜が主原料ですからね。

ポタージュスープに青汁を混ぜると、ほうれん草スープのような味わいになるので、一味変わったスープが楽しめますよ!

意外と合う!100%フルーツジュースや緑茶に混ぜる

 

甘いものやまったりしたものが苦手!という方は100%のフルーツジュース緑茶に混ぜるとさっぱりとしたアレンジメニューが楽しめます。

フルーツジュースの中でも特に相性が良いのはリンゴジュースやオレンジジュースです。リンゴジュースの酸味が青汁にうまく合い、後味もスッキリします。また、オレンジジュースは青汁のえぐみを消してくれます。酸味が気になる方はレモンジュースもおすすめです。

青汁と意外と合うのが緑茶です。青汁よりも緑茶のほうがさっぱりした味のため、青汁をそのまま飲むよりもスッキリと飲みやすくなります。甘いものが苦手な方はぜひこのアレンジを試して見てください。
さらに詳しいレシピが知りたい方はこちら→「明日葉青汁を使ったおすすめレシピ

青汁を飲むのに注意が必要な方とは

 

以下の方は青汁を飲む前に必ず医師に相談してください。たとえ青汁のパッケージやサイトに大丈夫と書かれていても、一度相談することで安心して青汁を飲むことが出来ます。

  • ワーファリン(血液の凝固を防ぐ薬)を服用している方
  • 腎臓疾患を患っている方
  • 人工透析をしている方
  • 甲状腺に異常のある方
  • C型肝炎の方
  • 食物アレルギーの方(原材料を確認してください)
  • 妊娠中またはその可能性がある方・授乳中の方

これらの方は青汁に含まれるカリウムビタミンK等の成分摂取を控えたほうが良いため、青汁を摂取する際には必ず医師に相談してください。

まとめ

 

青汁を飲む時間に特に決まりはありません。大切なのは時間帯よりも毎日飲み続けることです。ただし就寝前に食物繊維を多く含む青汁を飲むと、腹部の不快感で眠れない場合がありますので、気になる方は避けたほうが良いでしょう。

青汁は毎日長く飲み続けることが大切です。そのため、簡単なアレンジ方法を知っておくことで飽きずに続けやすくなります。牛乳やヨーグルト、ポタージュスープ等に混ぜるとおいしくアレンジすること出来ます。

青汁を飲む方の中には、注意が必要な方や医師への相談が必要な方もいます。ワーファリンを服用している方や人工透析を行っている方は青汁を飲み始める前に、必ず医師に相談をしましょう。